平成最後、記念としてスペシャルな催しを…という依頼をうけてのDMでした。
イギリスよりアンティークの仕入れから帰ったばかりというオーナー様。
現地で撮影した膨大な写真を見ながらの打合せ中、
「この、なんにも書いてないメッセージボード、使えそうですね!」
「そうですね、”平成最後のスペシャルな3日間”を、このボードに英文で書き込みましょう!
文字のレイアウトや組み合わせで見せるデザインにしましょう…」

おめでたい象徴であるブドウをあしらった、なんにも書いてないボードが、こんなメッセージを添えてお客様のもとに配送されました。